HAIKU 荒野より

美しい日本の風景と俳句

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

城と武将と城下町

siro.jpg
昨日、本屋でこんな雑誌をみつけました

戦国ファンとしては買わないわけにはまいりません

休みの前の夜、布団の中でウィスキーをちびりちびりやりながら

好きな本を読んで夜更かしするのもいいですね~

そうだ、車で「日本の城百選」を巡る旅も付け加えよう


スポンサーサイト
  1. 2012/08/12(日) 01:18:48|
  2. 歴史談義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「司馬遼太郎の戦国Ⅰ」 前書きより

2012744.jpg

写真は縁起の良い字ばかり集めてつくった石田三成の旗指物

週間朝日の編集部の村井重俊氏は
この文庫本の前書きにこんな一文をよせている

司馬さんの小説の主人公や重要な脇役となった場合
たいていは非業の死を遂げる
当然、家は途絶えることが多く、子孫を探すのは難しくなってしまう

関が原の合戦は小早川秀秋の裏切りによって西軍が敗北するのだが
村井氏は「関が原」の取材で
その小早川秀秋の子孫の方に会う機会があったが
取材前日にキャンセルされてしまう
やはり小早川家の動静は最後までわからないと書いている

「司馬遼太郎の戦国Ⅰ」から抜粋
  1. 2012/07/07(土) 11:07:25|
  2. 歴史談義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「司馬遼太郎の戦国Ⅰ」  斉藤道三

2012742.jpg

写真は斉藤道三が築いた稲葉山城(後の岐阜城)

司馬遼太郎は「美濃の蝮」と呼ばれた斉藤道三について
ほれぼれするほどの悪人像を作り上げた

道三にとって悪とは何かといえば「無能」ということだった
当時の美濃をささえていた組織と人はほとんど無能だった
悪名を負いすべての壊し手として最後まで戦い抜いて
長良川川畔で63歳の生涯を閉じる

「悪党」は女性にモテるという
道三が女性にモテたか考古学的にわからないが
いつの時代も情報を握っているのは女性で
そして道三は情報通だった、モテる努力はしただろう

「司馬遼太郎の戦国Ⅰ」より抜粋
  1. 2012/07/05(木) 21:44:57|
  2. 歴史談義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「司馬遼太郎の戦国Ⅰ」 織田信長

2012741.jpg

写真は織田信長が逃げ込んだ朽木谷 

織田信長が越前朝倉氏を攻めた時
北近江の浅井氏の裏切りによって挟み撃ちの状態になる
絶体絶命に陥った時の出処進退を
司馬遼太郎は他の人物とこう比べている

上杉謙信ならば自分の勇気を恃んで最後まで戦うかもしれず
楠木正成ならば特攻突撃するかもしれず
西郷隆盛ならば一詩を残して自刃するかもしれない

織田信長は占領地も味方もすべて捨て
盟友の徳川家康にも知らせず真っ先に戦場を離脱した
織田信長の凄みはこの退却戦の逃げっぷりにあると書いている

「司馬遼太郎の戦国Ⅰ」から抜粋
  1. 2012/07/05(木) 07:37:20|
  2. 歴史談義
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カテゴリー

プロフィール

北乃俳人

Author:北乃俳人
秋田で俳句を作ってます
他に趣味はステンドグラスのランプ作り、登山、スキー、燻製作り、浅漬け作り等々
仕事は不動産関係です

最近のコメント

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。